腫瘍性疾患に対する化学療法は、外科治療、放射線治療と並んで重要な治療選択肢の1つです。なかでも血液内科の領域においては、白血病やリンパ腫の治療の主軸となります。

化学療法で起こる心筋毒性は血液検査でチェックできますの画像

ログインして全文を読む