急性心不全の領域は慢性心不全に比べると非常にエビデンスに乏しく、理論構築も途中の段階です。急性心不全についてコメントする際、まずは体系的に疫学、病態生理学、診断学、治療学と全体像を把握してからとは思いますが、現実にはいずれの領域も知見はまばらにしか得られておらず、ジグソーパズルに例えると手元にピースが、まだ数個しかないといった状況です。

血行動態の改善なくして、臓器保護の効果なしの画像

ログインして全文を読む