日本ではこれまで、安定狭心症に対するPCI療法にはエビデンスが全くなかったにもかかわらず、保険医療制度がほかの先進各国に比べて手厚いこともあり積極的に実施されてきました。そのような背景で、低リスク冠動脈疾患(CAD)患者を対象にPCI療法と薬物療法の多施設無作為比較試験であるJapanese Stable Angina Pectoris (JSAP)試験は実施されました。

低リスク安定型狭心症患者にはPCIか薬物療法か?の画像

ログインして全文を読む