薬剤溶出性ステントではベアメタルステントよりもステント血栓症が遅れて生じることにより、かえって長期予後は悪いのではないかとの懸念さえもありました。今回の検討はこのような背景で行われましたが、本論文の結論としては、急性心筋梗塞に対しては、再インターベンション率と長期死亡率を抑制する観点から、薬剤溶出性ステントを使用することが、ベアメタルステントの使用に比較して、むしろ推奨されるべきということだと思われます。

急性心筋梗塞にはDESかBMSか?の画像

ログインして全文を読む