心不全患者の予後が悪いことは、皆さんよくご存じのことでしょう。βブロッカー、ACE阻害薬、ARB、利尿薬、抗アルドステロン薬、さらに最近ではARNIやivabradineなどの新薬が心不全の治療に使われています。しかしながら、心不全の予後の改善は期待ほどではなく、新しいメカニズムをもつ薬の開発が待ち望まれてす。

ミトコンドリアの内膜が心不全の鍵を握るの画像

ログインして全文を読む