病的刺激でも、少量あるいは活性の弱いものであればかえって生体にとってプラスになることがあります。これは免疫系では当然と考えられている現象で、「ワクチン療法」やアレルギー疾患に対する「脱感作療法」としてよく知られています。このようなことが心臓でも見られるようです。

低酸素環境が心筋梗塞後の心機能を改善の画像

ログインして全文を読む