心不全の治療において、心外膜メッシュを用いた「心再建術」の開発が進んでいます。ペースメーカを用いた心臓再同期療法CRTにおいて、CRTノン・レスポンダーの存在が問題なのですが、今回、導電性があり、弾性がある素材を用いて作成した弾性導電性心外膜メッシュにより、電気的・力学的に心機能を改善する新しい心不全治療法の動物実験に関する論文が発表されました。

心外膜メッシュを用いた「心再建術」の試みの画像

ログインして全文を読む