従来は、「高LDL=動脈硬化」・「高HDL=抗動脈硬化」という捉え方が一般的でした。しかし、高HDLは必ずしも抗動脈硬化とならないことが明らかとなってきています。本ブログでも「HDLにも善玉と悪玉がある」(2011年7月14日)、「HDLコレステロール仮説神話を修正する時が来た?」(2012年11月1日)、「機能不全HDLの機能って何?」(2015年2月2日)と3回にわたって取り上げました。今回、さらに「高HDL≠抗動脈硬化」を支持する次世代シークエンサーを用いた研究がScience誌に発表されました。

高HDL-Cは必ずしも「抗動脈硬化」ではないの画像

ログインして全文を読む