遺伝子治療は、1990年に米国で「First kids with new gene」というキャッチフレーズでアデノシンデアミナーゼ欠損症に対して行われ一躍脚光を浴びた。日本でも1995年に北海道大学で同じ疾患に対して行われたが、その後はiPS細胞などの再生医療に押され気味であまり話題とならない。ところがここにきて、欧米を中心に遺伝子治療が再注目の兆しを見せている。もちろん、心血管疾患もターゲットになっている。

心血管疾患の「遺伝子治療」も再び脚光を浴びるかの画像

ログインして全文を読む