4月の閲覧ランキングを発表します。どれだけ読まれたかの目安となるページビューという単位をもとに調べたところ、「tPA治療を発症6時間で無効にする『angiophagy』」が1位でした。東京医科歯科大学難治疾患研究所生体情報薬理学分野教授の古川哲史氏のブログ記事です。塞栓を食べる血管内皮細胞が主役である「angiophagy」に焦点を当て、tPA治療の無効化に関連している可能性を明らかにした論文について解説したものでした。以下、ベスト10を紹介します。

1位は「tPA治療を発症6時間で無効にする『angiophagy』」の画像

ログインして全文を読む