日本循環器学会は2月4日、心臓疾患の患者数を明らかにした2012年循環器疾患診療実態調査を発表しました。循環器診療体制の今後を考えるための基礎データとなるもので、2004年の開始から今回で8回目の調査結果となります(2005年は未実施)。

医師当たりの年間入院患者数、循環器内科は118.8人の画像

ログインして全文を読む