4月そして5月と、2つの新しい研究会を取材する機会がありました。1つは、循環器プレミアムでブログを書いていただいている佐藤幸人氏(兵庫県立尼崎病院循環器部長)が代表世話人の1人を務める「兵庫、大阪、京都心不全チーム医療研究会」です。もう1つは、心不全管理カンファレンス2013です。亀田総合病院循環器内科部長の鈴木誠氏や自治医科大学附属さいたま医療センターの百村伸一氏らが呼びかけ人となって立ち上げたものです。この2つの研究会はともに、「慢性心不全に挑むチーム医療の力を高めたい」との熱い思いからスタートしたものでした。

「慢性心不全に挑むチーム医療の力を高めたい」の画像

ログインして全文を読む