糖尿病治療薬として新たに登場したインクレチン関連薬に対して、96.0%の医師が「期待している」と回答した。また、既に導入しているか、あるいは導入を予定しているインクレチン関連薬では、ジペプチジルペプチダーゼ4阻害薬(DPP4阻害薬)の「ジャヌビア」が76.3%と最も多かった。日経メディカル オンラインが医師会員を対象に行った「2型糖尿病の薬物治療に関する調査2012」で明らかになった。

インクレチン関連薬、導入・予定はジャヌビアが76.3%で最多の画像

ログインして全文を読む