日本動脈硬化学会が6月末に発行した「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012」について尋ねたところ、調査協力者の45%が「入手した」と回答しました。また、改訂のポイントについて評価する点をあげてもらったところ、「絶対リスク評価による患者の層別化」が43.2%で1位でした。これは現在実施中の循環器プレミアムの「2012年6月公開記事に関するアンケート」で明らかになったものです。

動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012、45%が「入手した」の画像

ログインして全文を読む