横井宏佳氏による連載講座「腎動脈狭窄症Up to Date」で、粥状硬化性腎動脈狭窄症の発生頻度は意外に高いにもかかわらず、診断されていない患者の多いことが指摘されていました。そこで今回は、循環器プレミアムの読者の医師は、粥状硬化性腎動脈狭窄症にどれくらい遭遇しているのか、本症を疑った症状は何が多かったのかなどをアンケートしました。

腎動脈狭窄症を診療したことありとの回答は半数の画像

ログインして全文を読む