3月4日、日本循環器学会による「開催前・プレスカンファレンス」が東京で開かれました。今年の「第73回日本循環器学会総会・学術集会」は3月20日から3日間、大阪国際会議場を主会場に開催されます。会長を務める堀正二氏(大阪府立成人病センター総長)は冒頭のあいさつで、今学会のテーマ「リスクに挑戦する循環器病学―新たな展望と戦略」を紹介、循環器医として臨床のみならず医療制度など多次元のリスクに挑戦していく姿勢の大切さを強調しました。

循環器学会へ行こう―記者会見から話題を拾いましたの画像

ログインして全文を読む