今年1月、名古屋の病院で医師が患者に刺されるという事件が発生しました。命に別条はないということですが、重症と伝えられています。またか――。こう思ったのは私だけではないでしょう。明日は我が身かもしれません。特に新たな職場で働くことになった方は、院内の暴力対策を確認しておくべきです。その上で、暴力の予兆を見逃さないよう、組織として心配りをすべきです。

刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないでの画像

ログインして全文を読む