私は医師のヘッドハンティング(エグゼクティブサーチ)を十数年、手掛けてきました。当初、クライアントである医療法人が候補者に求めるものは、やはり「専門性」が一番でした。そして、それに付随するものとして「志向」や「相性」がありました。ここ数年の傾向として、急性期医療だけでなく、急性期後のステージまでトータルに管理することを志向する医師が求められていることは、これまでの連載でご紹介した通りです。

「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙いの画像

ログインして全文を読む