私どもがお会いするのは、大学医局人事で動いている国公立病院や公的病院勤務の先生方が中心です。年齢的には40歳前後から50歳代の方が多くなっています。今回ご紹介する外科のA先生も40歳代半ば。このくらいの年代になると、ご自身の今後について否応なしに考える時期に差し掛かるようです。

ヘッドハントで過疎地に赴いた医師の「覚悟」の画像

ログインして全文を読む