エグゼグティブ・サーチ(ヘッドハンティング)に携わる私どもが声を掛けさせていただく候補者の先生の多くは、転職するかしないかを最終判断する際、ご自身の診療スタイル・技能・能力を発揮できる環境かどうかを最も重視します。とりわけ急性期医療に関わる先生は、転職後も同じような環境で勤務したいという方が多いようです。

慢性期病院のヘッドハントに応じた外科医の「読み」の画像

ログインして全文を読む