みなさんご存じのように、日本国内に病院は約8500あります。これは世界一の数です。2位は米国で約5700。保険制度が異なるとはいえ、人口比で考えると、日本の病院数が圧倒的に多いことが分かります。一方で、急性期病床などの需給がアンバランスであるとして、国は病床機能の再編を進めようとしています。

あなたの転職先は「これから生き残る病院」か?の画像

ログインして全文を読む