当社のクライアントは地方の医療法人が中心です。当然ながらクライアントは「素晴らしい先生に来てほしい」と考えていますが、近隣の大学医局とは円満な関係を維持していかなくてはならず、教授を通さず大学所属の医師に直接声を掛けることはできない。

転職の好機迎えたA先生、これを逃すと次は…の画像

ログインして全文を読む