この4月に異動や昇格などでポジションが変わった人も、2カ月以上がたち、新しい任務に慣れてきた頃ではないだろうか。部下を指導する立場になった人の中には、これまでとは異なる自覚を持ち、自らが成長するきっかけをつかんでいる人もいるはずだ。診療所でも、看護や事務、リハビリなどのリーダーを置くケースが少なくない。院長は、リーダーとして指名したスタッフに対し、様々な期待を持って見守っている。だが残念ながら、院長の思いとは裏腹に、新たにリーダーとなったスタッフと部下との間でトラブルが発生することもある。今回紹介する診療所の事例も、そんなケースの1つだ。

仕事を回し「指示するだけ」の上司に募る不満の画像

ログインして全文を読む