トラブルの経緯
 内科のA診療所は、パートタイマーを入れて職員数が12人。開業して5年が経過したところだが、最近、院長と職員たちの間に溝が生じつつある。処遇に関するルールの運用が曖昧で、職員から疑問の声が出てきているのだ。 きっかけは、近隣の大病院の勤務経験を持つ職員が入職したことにあった。外部研修参加に当たり、費用負担について院長に尋ねたところ、曖昧な答えしか返ってこなかった。

 交通費の負担をどこまで認めるのか、特に遠隔地に足を運ぶ場合には鉄道料金の特急料金や指定席料金は負担してくれるのか、マイカーで移動する場合に高速道路の料金はどういった基準で認めてくれるのか――。前に勤務していた大病院では、そうした点に関し明確なルールがあった。しかし、A診療所ではそんなルールに関する説明が一切ないし、どう運用されているのか

私の手当はなぜ少ない? 膨らむ疑念に院長は…の画像

ログインして全文を読む