時間と費用をかけた採用活動によって、期待してクリニックに迎えた職員であっても、入職当時からの印象が少しずつ変化し、他のスタッフとうまくいかない様子が目につくようになるケースがある。こうした場合、院長はその職員の上席に当たるリーダーを介して現状を確認し、改善を図ろうと考えるのが一般的だろう。また、必要であれば、院長自身が面談を行って解決策を探る選択肢もあるが、院長の直接の指導が必ずしも奏功しないこともある。

同僚の言動を監視する職員、その心の内は?の画像

ログインして全文を読む