今年4月、入職・退職により職員の顔ぶれが変わった診療所は少なくないだろう。家族の転勤などの事情で転居し、新たな勤務先に移っていった職員も多いと思われる。諸事情で退職する職員を送り出す寂しさを感じる一方で、困難になりつつある人材確保に関し、ため息をついた院長や事務長もいるのではないだろうか。

無自覚で周囲を傷付けるスタッフの問題発言の画像

ログインして全文を読む