東日本のAクリニックは、内科系の無床診療所だ。患者数は順調に増えており、収入面の不安はないのだが、院長のA氏にとって最近気がかりなことがある。医療機関に労働基準監督署の立ち入り調査が行われ、長時間労働の是正を迫られるケースが相次いでいることだ。Aクリニックから比較的近い地域にある病院にも、労働基準監督署が入ったという話を聞いた。

滅私奉公型のベテランに付いていけず退職相次ぐの画像

ログインして全文を読む