時には、ささいな人間関係のトラブルが発端となって、職員が退職を申し出るまでに至るケースもある。院長としては、優秀な人材を手放すデメリットや新たに採用活動を行わなければならない負担はできるだけ避けたいとし、こじれてしまった人間関係の修復を図り、何とか退職を思いとどまってもらおうとするのが通常だ。

院長が見抜けなかった職員トラブルの真の原因の画像

ログインして全文を読む