A整形外科診療所には事務部門、看護部門、そしてリハビリ部門の3つの部門が存在する。それぞれの部門は、部門内のまとまりが良いと感じているが、残念ながら部門間では大きな壁が存在していた。悪く言えば、部門間の派閥対立のようなものが存在していたのだ。

ミーティングだけではない職種間対立の解決策の画像

ログインして全文を読む