自院のレベルアップを図るために、優秀なリーダーを新たに迎えることを検討している院長からの相談は少なくない。本来は、院長や自院の理念に共感してくれ、ともに同じ方向を目指していけるようなリーダーを院内で育成できれば望ましいのだが、なかなか時間も取れないばかりか、院長自身が育成のスキルを持ち合わせていないこともある。そのため、既に実績がある他院のリーダー層の職員を迎え入れることも現実的な選択肢となる。

「決められない」新任リーダーに部下が困惑の画像

ログインして全文を読む