「自分の理念や方針を実現させるためにも、そろそろ自院のレベルアップを図りたい」。経営が安定すると、院長はそう考え始めるもの。優秀なリーダー的存在の職員がいると、周囲に指導しながら全体のレベルも上がるのではないかと期待し、新たな人材を探すケースもよく聞かれるが、周囲とのバランスやスタッフたちの想いを把握できなければ、うまくいかないばかりか職員間のトラブルを招く可能性もある。

リーダー候補への“優遇”に周囲の不満が噴出の画像

ログインして全文を読む