入職から間もない職員がトラブルを繰り返し、試用期間中などの早期の段階で辞めてもらわざるを得なくなることがある。本人としても働き始めたばかりであり、退職を勧奨しても、すんなりいかないことも少なくない。今回ご紹介する西日本の整形外科診療所でも、そんなケースが発生した。

難航必至の退職勧奨、「決め手」となったのは?の画像

ログインして全文を読む