開業してから年数を重ねると、診療所にも一定の「色(カラー)」が出てくるもの。標榜する診療科や患者層、院内施設や院長の人柄にも影響されるが、多くは職員の持つ雰囲気が要因になっている。明るさや温かさ、落ち着いた雰囲気を長所としてアピールする診療所は多く、こうしたイメージに好印象を持つ患者は、長く通い続けてくれることになる。

「私だけは頑張る!」 改革訴えた新人が孤立の画像

ログインして全文を読む