今回ご紹介するのは、第三者継承で診療所を開業した循環器内科のA先生のケースだ。A先生は、「何事も効率良く」というのがポリシー。集患がうまくいかず経営が厳しくなるリスクを回避するため、ある程度の患者がついている診療所の承継を当初から考えていたという。

開業前日に職員が一斉退職してしまった!の画像

ログインして全文を読む