日々の診療や患者対応に追われていると、院長は職員の様子や院内の雰囲気の変化にすぐに気付けないことも多い。今回ご紹介するAクリニックも、院長が変化を察知するのが遅れ、傷口を広げてしまったケースの1つだ。

職員たちを疑心暗鬼にさせた1本の苦情電話の画像

ログインして全文を読む