北関東のX整形外科は、職員数5人のクリニックである。最近、先代の院長が病気のため引退し、40歳代の息子夫婦に経営がバトンタッチされた。職員は、先代のときから勤務している人たちをそのまま受け継いだ。新院長がまず始めに手をつけたのが、職員面談を行い、コミュニケーションを取ることだった。

「辞められたら困る」、遠慮が招いた職員の増長の画像

ログインして全文を読む