ある日の平穏な昼下がり、関東圏の内科診療所院長からの電話相談があった。クリニックの職員数は、看護師と医療事務を合わせて6人。今まで職員との関係で大きなトラブルが起きたことはなく、対応に苦慮しているとのこと。院長は、心労で好きなお酒も飲むことができなくなり、体重も減ってしまったという。

休職した職員の母親が「謝りに来い!」と要求の画像

ログインして全文を読む