昨年11月の防衛医科大学校を皮切りに、今年3月まで行われた2015年医学部入試。大学別の倍率、偏差値などのデータが出揃い、全貌が明らかになった。今年難化した大学はどこか、選抜方法の変化などが難易度にどう影響したのか――。この数年の傾向も含め、医学部受験の動向に詳しい学校法人河合塾・教育情報部長の近藤治氏に解説してもらった。(聞き手:土田絢子=日経メディカル)

偏差値65以上が9割、2015医学部入試の全容の画像

ログインして全文を読む