全体の改定率がマイナス2.27%と過去最大級の引き下げとなった2015年度介護報酬改定。高齢者への医療や介護を手掛ける病院・診療所にとって、その影響は決して小さくない。今改定の影響度や医療機関が目指すべき方向性について、ASK梓診療報酬研究所所長の中林梓氏に語ってもらった。

病医院の浮沈に影響する介護報酬改定の中身の画像

ログインして全文を読む