前回に引き続き、医師・弁護士の水澤亜紀子氏に、診療所の医療トラブル対応について解説してもらった。患者が送ってくる「サイン」を敏感に察知してトラブルを未然に防ぎ、発生時には面談の記録を残して患者に手渡すことがポイントになると同氏は強調する。

トラブルの前兆となるサインを見逃すなの画像

ログインして全文を読む