在宅医療の現場に混乱をもたらした、診療報酬改定での「同一建物減算」導入。改定から半年以上が経過したが、運営に苦慮する診療所は依然多く、在宅患者を抱える高齢者住宅も診療所撤退の穴を埋めきれていない。一方で、医療機関が患者紹介の見返りとして、施設などから「利益供与」を求められるケースも残っているのが実情だ。

在宅報酬引き下げの混乱、いまだ収まらずの画像

ログインして全文を読む