前回に引き続き、アルボス一級建築士事務所代表の関根裕司氏に、診療所設計・内装の工夫について解説してもらった。今回のテーマは、院内環境の整備と「利便性」。様々な素材や設備も活用しつつ、要求レベルの高い患者のニーズに応えることが大切だと同氏は指摘する。

プライバシー、院内環境に敏感な患者も納得の工夫とは?の画像

ログインして全文を読む