2014年度診療報酬改定の項目の中でも、病院、診療所双方への影響が大きく表れそうなのが入院患者の「在宅復帰」の誘導だ。中長期的に見て、この改定が医療・介護の現場にどのような影響を与えることになるのか、国際医療福祉大大学院教授(医療経営管理分野)の高橋泰氏に見通しを語ってもらった。

「延命治療」「寝たきり」を減少に向かわせる契機にの画像

ログインして全文を読む