前編では、患者が不満を募らせネットに書き込むような事態を防ぐため、普段から患者の本音を引き出すための工夫が必要であることを述べました。後編では、実際に医師に対する批判的なコメントが掲載されたり、事実無根・誹謗中傷の書き込みがなされた場合の対処法をご紹介したいと思います。

「誤診された」という書き込みへの対処法は?の画像

ログインして全文を読む