「病気や診療内容のことは家族に黙っていてほしい」と患者から言われることは少なくないが、後に家族から「なぜ伝えてくれなかったのか」「本当に本人がそう言っていたのか」などと責められることもあり、どう対処すべきか悩ましいところだ。医師・弁護士の水澤亜紀子氏に、対処法を解説していただいた。

病状を知らされなかった家族との紛争を防ぐにはの画像

ログインして全文を読む