患者さんの療養を支えたり、スタッフの目標達成を支援するため、コーチングを重視していることは前回お話しした通りです。コーチングには他の人に導いてもらうもののほか、自分で自分を導く「セルフコーチング」もあります。コーチングのプロセスの中でGROWモデルというものがあり、その考え方を用いることでコーチングの効果を高めることが可能になります。

「セルフコーチング」で目標達成へ飛躍の年に!の画像

ログインして全文を読む