融資を申し込む際には、これまで説明したポイントについて、文書にまとめて開業計画書として提出することが不可欠となっている。かつての金融機関には、未確定の計画であっても申し込み相手との相談を重ねながらそれを具体化させる機能があったが、今では、そうした働きはまず期待できない。開業計画書には、以下のような資料を盛り込む。

融資を引き出す開業計画書の作り方の画像

ログインして全文を読む