ガシャーン!! 怒声に続いて待合室に大きな音が響いたのは、午後の診療開始直後のことだった。院長のS医師が何事かと受付に駆けつけると、事務職員が床に座り込んで泣きそうになっている。受付カウンターの上にあったはずのトレーやパンフレット立ては散乱し、カウンターの向こうを見ると、数日前に初診で来院した女性患者のTさんがものすごい形相でこちらをにらみ、「バカヤロー、このクリニックはどうなってんだよ!」と怒鳴りながらカウンターを何度も拳骨で叩いている。

名前の呼ばれ方に激高した患者が語った事情の画像

ログインして全文を読む