今回紹介するのは、地方都市の個人経営の診療所で勃発した事業承継トラブルのケースだ。院長には子どもが2人いて、長男は首都圏の私立大学の医学部、長女は地元の国立大学医学部を卒業していた。

長男の医院承継に母が難色、理由は「嫁」の画像

ログインして全文を読む