医学部入試が難化した今、合格を勝ち取る上で、「不得意科目」での減点をいかに減らせるかが、以前にも増して大切になっているようです。わが家にとって鬼門となっていたのが国語と英語でした。国語に関しては、国公立医学部の2次試験や私立医学部の入試で試験科目として課す大学は多くはないのですが、国公立のセンター試験では国語を避けて通れません。

超苦手科目の国語、偏差値38からの医学部受験の画像

ログインして全文を読む